スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
大嫌いを大好きにしてくれた店
ご主人様と寿司を食べてきました。

ボクは子供の頃からずっと魚介類が苦手でした。生臭いから。
だけど最近、少しづつ克服しているように思います。

ボクが始めて魚と魚卵を克服したのが、約半年前、
忘れもしない梅雨時期のムシムシとした雨の日でした。
その頃ボクが働いていた店のお客様に美味しい寿司屋があると教えてもらい、
ご主人様に連れて行ってもらったのがきっかけです。

魚介類嫌いのボクは当然寿司屋には興味がなく全く知らなかったのですが、
どうやらとても有名だったらしいその寿司屋“銀座久兵衛”
この店がボクの寿司嫌い人生を一変させてくれました。

久兵衛

そこで恐る恐る口に運んだそれらはとても新鮮で、
当然生臭さなんか全く気にならず、
すりおろした生姜やすだち等の薬味も乗ってむしろ爽やか。
ボクは一瞬で寿司というものを好きになりました。
絶対無理だと思っていたウニやイクラの魚卵まで美味しいと思えた奇跡。

中でもボクが特に大好きなのは、大トロの炙り。
ご主人様には「炙った寿司なんて邪道だ」と言われますが、
それだけ食べてても構わないくらい大好きですv
口に入れると、炙りたてで温かくあぶらの乗ったトロが
ふわぁっととろけます。噛まなくてもいい。
テレビなどでリポーターが言っている“口の中でとろける”って
こーゆーことなんだぁ。。。と実感します。

それからというもの、寿司はボクの好きな食べ物となりました。
何故こんなに美味しい食べ物を今まで避けて通ってきたんだろう。。
ちょっと人生を損してた気分です(´・ω・`)

そんな奇跡の久兵衛に今回も行ってきました。
久兵衛では今まで2Fのカウンターばかりだったんですが、
今回は始めての4Fの個室にしてもらいました。

久兵衛・二代目 普段は落ち着いた雰囲気の店が
 好きなボクですが、
 久兵衛に関しては話し上手な板前さんや
 二代目の今田洋輔さんや
 他のお客さんもいる2Fカウンターの方が
 楽しくて好きだと思いました。
 寿司屋の良さってそういうところにも
 あるのかもしれませんね。

 ←二代目今田洋輔さん

そんな沢山のお客さんがくるであろう銀座久兵衛ですが、
板前さんや仲居さんの記憶力が半端じゃないんです。
2度目に行った時にはもう顔も覚えていてくれ、
何を好きかも覚えてくれていました。凄いです。

覚えてくれていたのは
ボクが場所に似合わない若造だからかなぁと思ったりもしますが、
だとしても、そんな若造にも他のお客様と変わらぬもてなしをしてくれる
久兵衛は流石一流店といった感じで感動です(`・ω・´)


寿司を食べてとってもご機嫌になったあとは、いつものバーへ。
久兵衛でおみやげにしてもらった寿司を
オーナーと従業員たちに差し入れしました。

するとオーナーからこんな話を聞かせてもらいました。
築地市場に入る一番いいマグロを競り落としていくのは
銀座久兵衛とあと1つの寿司屋(店名失念)の2店鋪だけなんだと。
だから築地の寿司屋より美味しいマグロが食べられるんだそうです。
どうりで美味しいはずです、トロ関係v
そしてまたもオーナーの尊敬度アップv

久兵衛・中トロ


しばらくするとご主人様があることに気付きました。
「Σ今日記念日だよ」
何かと思ったらご主人様の告白記念日(1年7カ月)。
付き合っていた頃は毎月記念日を祝っていましたが、何故に今突然??
ボクたちの関係が普通じゃないことを知っているのは従業員たちくらいなので
ご主人様が他のお客様にそう見せたいのなら仕方ないと、
一緒にシャンパンで記念日を祝いました。僕の好きなロゼを開けて。

なんだか複雑な気分でした・・・(´・ω・`)

++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++

また最近ご主人様の嘘が少なくなりました。
ボクへの接し方も優しくなりました。
前回の手作りクッキーに引き続き、今回も
「ロクデナシの好きなハイカカオなチョコの新商品見つけたよ」
と言って好きなものを買ってきてくれたり。ご機嫌取りとかじゃなく。

様子がとてもおかしいです。怖いです。
とっても嫌な悪寒がします((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル…

よし!―食― | 02:19 | comments(3) | trackbacks(0)
雪の日の食事
今日ものんびり更新なボクペブログ。


ご主人様の仕事の都合で、そんなに時間は取れないけれど食事に行こう
と約束していた日。

雪が降りました。
ボクが住んでいる地域では珍しい雪。しかも積もるほどの雪。

雪景色と雪だるま

雪空に隠れたビル ↑
 深夜から降り出し、
 朝起きた時には
 こんな状態。
 このまま降り続き、
 夕方にはこの倍くらい
 積もってました。

 ←
 雪空に隠れ
 ビルの頭は見えず。


今までの経験からしてこんな天候の悪い日のご主人様は
体調が悪くてとか、急に田舎に帰らなくちゃいけなくなって、などと言って
ドタキャンする可能性が大です。ボクもそれを覚悟していました。

が、夜になるとご主人様は予定通り迎えに来てくれました。
忘れてました。ご主人様は雪国育ち(*´▽`)
「こっだのほんの降り始め程度だよぉ〜。こっがらが怖いんだぁ〜」
いきなり東北なまりでしゃべると、ボクを置いてサクサク歩いて行きました。

人が通って雪が解けているところを歩くご主人様、
端っこの雪がより積もっているところを歩くボク。

ひたすら前進のご主人様、
塀の上に積もった雪を集めて小さい雪だるまを作りながらついていくボク。

「寒ぃがら!」と叱られる(´・ω・`)

寒いのは一緒なんですね。(ごめんなさい)


大通りへ出たところでタクシーを捕まえ、久し振りの“炭火Bar 集”へ。
前回食べて美味しかった“地養鶏もものスパイス焼き”をまた頼みましたv

そして、ご主人様から意外なプレゼントをもらいました。
手作りチョコチップクッキーですv「さっき作ったんだよ」と。
 さっき??仕事が終わるのが夜だからって会うのも夜にしたのは一体??
手料理は作ってくれてもお菓子はコツが違うからと
今まで作ってくれなかったのに、珍しいです。どうしちゃったんでしょう??

開けたら美味しそうだったので、ひとくち食べてみる。
「ご飯でてくるんだから今食べなくてもいいでしょ!」と叱られる(´・ω・`)

だって。。もらったら食べちゃうよ。。。


そういえば、ご主人様が赤ちゃんの頃からの友達が春に結婚するらしいです。
赤ちゃんの頃からって安倍さんと飯田さんみたいですね。←何の話し(´▽`)?
「ご主人様は結婚しないの?」と聞いてみたら
「しないよ!誰とするの!?」と声を荒気てました。
嘘とかいい加減なとこさえなければ(Σ)、きっといいお嫁さんになれるのに。


食事を済ますと、この日はこれでバイバイの予定だったはずが、
ご主人様の知り合いが働いているという居酒屋へ行くことに。
 仕事の都合で
そこでいい感じにご主人様の酔いがまわると、いつものバーへ移動。
 そんなに時間が取れないって
ラストまでいると、また悩める先輩従業員を誘って他のバーへ移動。
 言ってたのは一体・・・??
結局いつもどおり朝まで飲んで帰ってきました。


一夜明けても、一歩住宅街に入れば一面銀世界。
朝日の照り返しが眩しく、屋根には氷柱までできている。見慣れない景色。

ご主人様に写真撮ってとお願いしたら、イヤだと断わられてしまいました。
「なんも面白ぐね。こっだとこさ来でまで雪だなんて悪夢だぁ〜」と。

ごめんなさい(´・ω・`)


文中の東北弁はボクの勝手なイメージであることをお詫び致します_(__)_

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

氷柱
 氷柱を取ろうとする手。

猫の足跡
 にゃんこの足跡。

よし!―食― | 02:03 | comments(7) | trackbacks(0)
仲直りに食事
新年からごたついてるボクとご主人様。
仲直りするために食事に行ってきました。(恒例のご機嫌取り)


ここのところヒルズづいてるボクとご主人様ですが、今回もまたヒルズです。
青山からの移転でヒルズニューオープンのロッポンギJ(ロイズ東京)へ。

ロイズと聞いてチョコを連想してしまうボクはチョコレート馬鹿(´・ω・`)
×ROYCE'(チョコレート) ○Roy's(レストラン)

ロイズ東京

目の前に東京タワー。夜景が見える、奥のいい席でした。
そして今日はロブスターがメインのコースを頼みました。
ボクは魚介類が苦手なので、ご主人様は驚いていましたが、
そんなボクがロブスターを食べるのは、当然のようにこれが始めて。
何故それを選んだかと言うと、ボクが大好きなバジルソースだったからですv

ご主人様がオードブルに合わせて白ワインを、
メインディッシュに合わせて赤ワインを、グラスで頼んでくれました。
2人分なので、白2種類、赤2種類。
メインに赤って・・・ロブスターには白のほうが合うんじゃ・・?

といっても、ボクはあんまり飲めないし、
ほとんどご主人様が飲むための物だから仕方ないか(´・ω・`)

ワインのテイスティングで
「これは鈍器で殴られたような感じ」
「こっちは鋭利な刃物で刺されたような感じ」
と言ったら笑われました。。
つまり、重く深みのある味、軽くキレのある味、と言いたかったのです。

それに、どっちも攻撃的な味だったんだから仕方ないょ(´・ω・`)

ボクが苦手なはずの、問題のロブスターですが、
バジルソースのお陰か臭みも気にならずとってもおいしく食べられました。
カニに続いてまた一つ苦手克服か?

これに限らず、ロイズは
“フレンチをベースにアジアの食材や香辛料を融合した感性溢れる料理”と
うたっているだけあり、わさびジンジャーソース、ハニーマスタードソース、
からし醤油、ラー油ごま油醤油、七味バターソース、シトラスポン酢など、
日本人に馴染み深い香辛料を使ったソースが多く、
その他の魚介類もとてもおいしく食べられました。

逆に、ここじゃないと魚介類はあまり食べられない悪寒((((;゚Д゚))))


食事を済ますと、ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の
ボクが大好きなファッションデザイナー、
ヴィヴィアン・ウエストウッドの大回顧展へ行く予定だったんですが、
食事をゆっくりし過ぎたせいで時間に間に合わず、
代わりにまた展望台(シティビュー)で夜景を見てきました。

夜景
 ↑
 前回よりちょっとうまく撮れましたw
 クリスマスシーズンはハートマーク『v』だった東京タワーの展望台が
 新年バーションで『2006』に変わってます。小さくて見えませんが。。


夜景・縦
 テレビ朝日もある
 ヒルズだけに、
 空にはドラえもんの
 四次元ポケットの月
 出てました(^〜^*)



そのあとは、今年2回目となる、いつものバーへ。
オーナーに今日は二人でどこへ行ってきたのかと聞かれ、
ロイズで食事してきたことを話すと、
ロイズのロイ・ヤマグチさんは全米トップシェフ15位に輝く
ハワイアン・フュージョンで有名なシェフだと教えてくれました。
流石、食に詳しいオーナー。なんでも知ってます(*´Д`)


バーをあとにすると、今回もご主人様のうちへ。
ボクが食べたいとリクエストしていたお節料理を作ってくれるというのです。
実はボク、お節料理を食べたことがありません。

母は仕事が忙しく料理をしない人なので、
お節どころか手料理もまともに食べたことがありませんが(´・ω・`)

バーを出たのが朝方だったので、24時間営業のスーパーへ買い出しに行くと、
もう年が明けてしばらく経っていることもあり食材が揃わず。。
ある限りのもので作ってもらうことになりました。

ご主人様のうちへ着くとボクは眠くて寝てしまいましたが、
起きた時には念願のお節が出来上がって用意されていました。
ボクが寝てる間に作っていてくれたのです。
それと、ボクが好きなかぼちゃとさつま芋の天ぷらも。←甘いから好きw
ご主人様の手料理を食べるのはボクペブログを始める前以来のことでしたが、
変わらずとても美味しかったですv

もう1泊すると、その夜はチーズフォンデュを作ってくれました。
これは以前にも作ってくれたことがあって、
それがとっても美味しかったのでまたリクエストしました。
アスパラ、ブロッコリー、カリフラワー、ポテト、かぼちゃ、
ニンジン、ミニタマネギ、うずらの茹で卵、ウィンナー、
変わり種として鶏のささ身のシソ巻き。そしてフランスパン。
僕は温野菜が好きなんですが(老人ではない)、
これほどボクの好きな物が一気に食べられるチーズフォンデュは感動ですv

そして驚いたのが、ボクが好きで色んな店でよく頼む
“ささみとアボガドのわさびサラダ”。
ご主人様は「これくらい家でも作れるんだよ」と言っていましたが
凄いですね、料理が作れるって。ほんと感動です(ノ_・。)


そんな感じで今回こそは、平和に仲良く過ごせたのでした。

よし!―食― | 00:23 | comments(4) | trackbacks(0)
クリスマス
ボクが働いていた店の系列のバー(毎度ながら長い説明)へ
行くために、また会うことになったボクとご主人様。


とはいえ、どこへ行くにも外せないのが食。
ということで、今回は“炭火Bar 集”という店で食事をしました。

初め、食事はどこで食べるか決まっていなかったので、
その店の前を通った時、ボクが入ってみたいと言うと、
ご主人様は「え〜、ここあんまり美味しくないよ」
嫌そうな反応をしたのですが、入るなり態度は一変しました。

「ここ、ロクデナシの好きそうな物がいっぱいでしょ」確かに。
「前にも、何度か一緒に来たよ!」いいえ。
「友達とよく来るの」ふ〜ん。
「ロクデナシにも食べさせてやりたいって思ってたんだ」
・・・さっきと言ってること違うぢゃん。

ご主人様の言うことは相変わらずでしたが、
メニューは本当にボクの好きなものばかりで、しかも結構おいしく、
食べ終わる頃にはすっかりご機嫌になっていました。

■ロクデナシ的おすすめメニュー■
+地養鶏もものスパイス焼き(特にv)
+鮪のロゼ焼きジェノバソース
+帆立貝のXO醤バターソース包み焼き


お腹を満たすと予定通りボクが働いていた店の系列バー(だから長いry)へ。
今回は前日より早い時間に行ったお陰か、問題なく入れました。

さてイベントです。クリスマスです。店内もクリスマス装飾でキラキラ☆
初めから景気よくシャンパンを抜きました。ポーン!とロゼです。

泡ものは酔います。一気にまわります。
座りながらゆらゆらしだしたアルコールに弱いボクの横で、
いい感じにテンションの上がったご主人様が「お手!」とか言いだしました。

というのも、横の席にいた女性が可愛いトイプードルを連れていたからです。
そのトイプードルは、ボクのご主人様が「お手!」と言うたびに
反応していましたが、ご主人様がお手させたがっていたのは、そうこのボク。

今、わんこ業界で流行りの?“聞こえないフリ作戦”を実行すると、
ご主人様はそんなこともできないのかという感じでボクの手(前脚?)をとり
「お〜(ぽん)て!(ぽん)」
「お(ぽん)か(ぽん)わ(ぽん)り!(ぽん)」
と自分の手のひらにボクの手をぽんぽんさせながら教えてくれました。

しょうがないので(!)、教えられたとおりきちんとお手してみせました。
「お手!」
「(ぽん、ぽん)」
「お代わり!」
「(ぽん、ぽん、ぽん、ぽん)」

完璧v ボクもやればできるのです。
ところが、ご主人様は「このダメわんこ!」と怒りました。
“教えられたとおり”にぽんぽんぽんぽんやったのがいけなかったようです。
(´・ω・`)

世の中にはダメわんこなんていません。飼い主の仕付けに問題があるのです。
と、わんこの仕付け専門家が言っていました。いや全くですね(´∇`)

そうこうしているうちに朝も近付き、小腹が空いたところでタイミングよく
オーナーが炊き込みご飯を作ってくれました。毎度ながら、バーなのにw


そんな感じで、バーのクローズと共に帰って・・・・・行くのかと思いきや、
この後もう一件寄って、チョコレートミルクレープを食べてから帰りました。

クリスマスだし、ケーキ?は食べておかないとです、取りあえず。
ご主人様は女の人にしては珍しく甘い物が嫌いなんですが(酒のみですしね)
この日ばかりは僕に合わせてイチゴのケーキを一緒に食べてくれました。
すっっっごくイヤな顔してましたが。。。


そんな感じで・・これが何一つ進歩のないボクとご主人様の、
二度目のクリスマスの物語でした。。

それでは最後に、メニー・クルシミマス☆

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

ヒルズ・東京タワー

ヒルズから見る東京タワー。
クリスマス仕様で展望台部分がハートマークになってます。
右下に拡大してみた図。というか、ぶれ過ぎですって(´・ω・`)

よし!―食― | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0)
欲求 +後+
【また酒】
お腹を満たすと、次はボクが以前働いていた店の系列のバーへ行きました。
他のバーで飲むのと違い、周りが知った顔というのは少し緊張します。
知っているお客様がいたら、仕事(接客)しなくちゃ。という気になるので。
――とか言いながら、自分のテリトリー的な安心感もあるので、
かに道楽でご主人様に買ってもらったブロックを組み立てて遊んでみたりw

カニブロック
 えぇ、子供です。
 (´・ω・`)

 ハサミが動くんだよ。


1カ月振りくらいにオーナーにも会いました。
オーナーは店に出てくる時と出てこない時があるので、会えると嬉しいです。
時に厳しく時に優しく、従業員想いのとても素敵なオーナーなんです。

そう言えば、オーナーにこんなことを言われました。
「ロクデナシはほんとよくやってくれてたよ。
 だけどロクデナシは面白いこと言わないのに、
 なんであんなにもてたんだろうなぁ?」
(接客業はトークが肝心なのに、ボクは責めのトークが苦手でした・・orz)
――て、褒めてるんでしょうか?けなしてるんでしょうか?w

働いてる時は直接オーナーから褒め言葉的なことを
言われたことがなかったから、ちょっと嬉しかったですが。
「真面目だけが取り柄なんです」って答えておきました。いやほんと。


【また食】
しばらくするとオーナーが温玉入りスープカレーを作って出してくれました。
(バーなのにw)
オーナーは従業員を食事に連れて行ったり手料理を食べさせるのが好きです。
それに食通なので普段から美味しい物を食べていて、
作る料理もとても美味しいんです。

まだカニが・・・と思いながらも折角なので食べたら、やっぱり美味しい。
お腹がいっぱいのはずなのに、カニの消化がいいのか、
カレーの香辛料が食欲を増進させるのか、結構入りました。
でもさすがにひと皿は無理だったので、ご主人様と半分づつ食べました。

そして今回もラストの時間まで楽しく飲み、家路についたのでした。

++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++ ++

最近とってもほのぼのしています。
ご主人様が嘘をつきません。おかしいです。変です。調子狂います。
今まで一会話に一個くらい、ひどい時は会話の半分くらいが嘘だったのに。
知り合いに諭されてから、嘘がなくなりました。

こうまでも一瞬で人は変われるものなんでしょうか?
今までずっと何度も何度も嘘だけはつかないでと頼み続けてきましたが、
ボクにどんなに拒絶されても嘘だけは全然直せなくて、
涙や土下座やご機嫌取りのプレゼントやストーキングをすることの方を
選んできた人なのに・・・。
こんなに一瞬で直せるなら、なんでもっと早く直してくれなかったんだろう。

それとも、ご主人様の“ワザ”がグレードアップしただけなのか・・・?

よし!―食― | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0)
欲求 +前+
週末もご主人様と出掛けてきました。

ご主人様と会う時は、必ずお互いの欲求を満たせるようにしています。
(してくれます)
ご主人様の欲求はというと、酒。
飲むことが大好きです。そして強いです。当然お酒にも詳しいです。
ボクの欲求はというと、食。
美味しい物が大好きです。大食いでもなく、詳しくもないけれど・・。
なので、ご主人様と会う時は、必ず食と酒がセットになります。

【食】
最近、鶏づいていたので、今回は趣向を変え“かに道楽”へ行きました。
というか、前回会った時、ボクがカニクリームコロッケを食べたいと
言ったのをご主人様は覚えていてくれたのです。嬉しいです。

ボクはお目当てのカニクリームコロッケwと、
アボガドロール(かに道楽まで来てアボガド好きなボク)を頼み、
あとはご主人様任せで、味くらべ(毛がに、タラバがに、ズワイがに)と、
活毛がにかにみそと、かに姿茹(まるごと一匹!)を頼みました。

かに姿茹 松葉がにも
 食べたかったんですが、
 仕入れの関係上、
 予約を入れていないと
 駄目らしく、
 食べられませんでした。
 残念・・・。

 かにしゃぶも
 食べたかったかも。

【酒】
ご主人様が、毛がにの甲羅に熱燗を注ぎ、七輪の炭火で焼いて
甲羅酒を作っていたので、少し飲ませてもらったら、
とても美味しくて感動でした。(お店に頼むと七輪を用意してくれる)
酒に弱いボクは、普通の日本酒だと苦手なんですが、
甲羅酒にすると、酒の臭みが飛んでまろやかになり、
かにみそ効果で深い味わいになるので、美味しく飲めるとわかりました。


 +後+ へ続く。

よし!―食― | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0)
深夜の差入れ
ご主人様に腕枕をされながら眠りについたのは昼前だったので、
起きる時には夕方になっていました。

起きてからしばらく他愛もない話しをし、夜になってお腹が減ったので、
家に送ってもらいがてら、食事をすることに。(食べてばっかり)

先日初めて行って、当たりだった江戸の鶏処“今井屋”へ。
やっぱりどれを食べても美味しい店です。
前回食べて気に入った“ささみとアボガドのわさびサラダ”も頼みました。

前回は料理が美味しいことに夢中で気付かなかったんですが、
今回は気付いたことがありました。それは今井屋さんの客層。
20代後半〜30代の落ち着いたカップルや、30代後半の仕事帰りの会社員、
そして同じく仕事帰りらしい仕事のできそうなお姉様方。
その中で、軽く浮いてました、ボク・・。カジュアル過ぎました・・。
次に行く時は、もう少し落ち着いた格好をして行かないといけないです。

串焼き そして、
 前回はきりたんぽ鍋でしたが、
 今回は串焼きを3本
 サービスで出してくれました。

 1周年記念とは言え、
 毎回そんなサービス
 してくれるなんて、
 なんて太っ腹な店なんでしょう。

 ←この中から3本。

食事を済ますと、タクシーを捕まえ、ボクの家に向かう車内で、
「私このあとネットカフェ寄ってから帰るから」とご主人様。
「ボクは連れてってくれないの?」と聞いてみるボク。
「なんで?」といつになく冷たい感じのご主人様。
「(´・ω・`)しょぼん」脈がなさそうなので引き下がるボク。

タクシーを降りると、
おとなしく最寄りのコンビニでお菓子を買ってもらい、帰宅。(お菓子好き)

そして、なんだか体調が悪いことに気付くボク・・。
正確にいうと、体調が悪いのを隠しきれなくなってきたボク。
実はご主人様宅でもこっそり薬を飲んでいたのですが、今井屋でも飲薬。
しかし薬が効かず、身体が熱っぽくだるく頭痛と寒気がしていました。
家の前まで来たところで気が緩んだのか、それがピークに。
立っているのも辛く、別れ際がいつもより冷たい感じになってしまいました。

部屋に入って速攻風呂へ。
寒気に耐えきれず(熱っぽいのに・・)シャワーを浴びました。
風呂から出てきてすぐ横になるとご主人様からメールが。

『ごめんね。でも本当は一緒にいたかったんだよ。
 ほんのお詫びの印をドアノブに掛けておきます。食べ過ぎないようにね』


表を見てみると、もうご主人様の姿はなく、ドアノブにコンビニの袋が。

差し入れ ←
 ご飯とお菓子が
 いっぱい入ってました。
 この他に、
 おにぎりがもう一つと
 レンジで作れる
 フライドポテトが
 入ってましたが、
 これは食べちゃった
 あとです。


ああ・・きっとボクがネットカフェに連れてってもらえないのを怒って
別れ際に冷たくしたんだと勘違いして、気にしてるんだ・・・。

心配をかけるので体調が悪いことは言えませんでしたが、
すぐに謝りのメールを返しました。

悪いことしちゃったな・・・・・。

よし!―食― | 23:29 | comments(7) | trackbacks(0)
ひとりでできるもん。
元・歌舞伎町のホスト城咲 仁と、元・NHK体操のお兄さん佐藤弘道が、
同一人物に見えてしょうがないロクデナシです。


さて今日は、お腹は空いたけどご主人様からのお呼びもかからないので、
ひとりでポップコーンを作って食べることにしました。
(今日あたり呼び出すって言ってたのにな・・)

コンビニで売っているオーヴィルの“電子レンジ用ポップコーン”です。
その名の通り、電子レンジで簡単にポップコーンが作れるんだそうです。

ポップコーン・1

とはいえ、レンジでコンビニ弁当の温め以外のことをするのは初めてのボク。
不安だらけです・・。

ポップコーン・2

まず、パッケージを開封すると、
中から三つ折りにされた紙袋がでてきました。

これをレンジに入れ「500Wで2〜3分が目安です」と書いてあります。

2〜3分てなんですか? 2分と3分の差って、とても大きいような・・?

温めすぎても怖いので、取りあえず2分だけ入れてみることに。
が、ポンっと弾け出したかと思ったところですぐ終了してしまいました。

ほとんど音もせずちゃんと弾けたとは思いにくいので、
もう1分入れてみることに。
が、またもやポンッポンッと弾け出したかと思ったところで終了・・。

取り出して振ってみると、ガラゴロとまだコーンのしっかりとした粒が
たくさん残っている様子・・。

思いきって更に2分入れてみることにしました。
するとポポポンッと予想していた通りに弾け出し、いい香りがしてきました。

説明では「弾ける音の間隔が1〜2秒になったら出来上がりです」だそうで。

さて、間隔が1〜2秒というのは、
弾け出してその間隔が1〜2秒に“達した”時なんでしょうか?
それとも、弾けが“落ち着いて”きて1〜2秒になった時なんでしょうか?

なんて考えているうちに、ちょっとおかしな匂いが・・・?
ちょうど弾ける音が落ち着いてきて間隔が1〜2秒になっていたので
今が取り出すタイミングなのかな?と思い、取り出してみました。

ポップコーン・3

おっきくなっちゃった!(マギー審司)
温まって膨らんだというだけでなんだか美味しそうです。
紙袋を開けてみると・・・。

           ▼

           ▼

           ▼

           ▼

           ▼

ポッピコーン・4

焦げちゃってました・・・(´・ω・`)しょぼん。
おかしな匂いは焦げた匂いだったんですね・・・。

イヤな予感はしてたけど、こんな簡単なモノさえ作れないとは・・・orz
2〜3分でいいところを、計5分も入れたのはやっぱりマズかったかな・・

仕方なく焦げたところを除いて食べましたが、
けっこう美味しかったので良しとしますw

“うす塩味”の他に、“バター味”と“あっさりバター味”もあったので、
次回はバター味を買ってみようかと思います。

そして、次回こそは始めから3分でセットしてばっちり成功させよう、
と思うロクデナシなのでした。

よし!―食― | 23:29 | comments(5) | trackbacks(0)