スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 仲直りに食事 | トップ | ヴィヴィアン・ウエストウッド展 >>
恋愛観バトン
『さぼてんのつぶやき』の さぼてんさんからバトンをいただきました。

恋愛観ということでなんだか恥ずかしいですが、
こんな事がないと恋愛観を語る機会もないので嬉しいです。
さぼてんさんありがとうです☆


■ 性別は?
だんすぃー。


■ 身長・体重は?
身長・・・標準くらい。
体重・・・標準よりちょっと少ないくらい。
ぼかす必要ないけど。。。


■ 好きなタイプは?
尊敬できる何か、自分にはないものを持ってる人。
一緒にいて落ち着く人。


■ 嫌いなタイプは?
相手を傷つける嘘をつく人。←
品がない人。


■ 恋人を束縛するタイプ?
放任主義なので(相手を信じてるから)もっと束縛してほしいと言われます。
束縛も一種の愛情表現なら、もう少し考えたほうがいいですね、僕。。


■ 浮気の境界線は?
ちゅうしてたらぁゃιぃ。
そこで、相手に対して気持ちがあったら浮気。というか本気ですね(´・ω・`)
こそこそ隠そうとするのもぁゃιぃけど、
だからといってあまりに堂々とされるのも問題。

そういえば、ご主人様とボクが恋人同士だった頃、
ご主人様が酔っぱらって他の人とちゅうしてるのを
目の前で見たことがあります。ディープなのを。2度(2人)も。
でも気持ちはなかったから浮気にはならないんだそうです。
・・・そうですか(´・ω・`)


■ 初恋の人に気持ちを伝えましたか?
ラブレターを書きました。
小学生の時で、その人の家のポストまで自分で入れに行ったら、
いたずらだと思われたらしく相手にされず。。。
その上、親同士が知り合いで親にも知られ、
いたずらするなと叱られた記憶があります(ノ_・。)


■ 恋人とのデートは週何回くらいが理想?
週に1、2回。
細かい希望としては1泊2日。変な意味じゃなくて(´▽`)


■ ドキッとする行動やしぐさは?
普段と違う顔を見せた時。
普段はほわほわしてマイペースなのにいざとなったら頼りになる。とか、逆に
普段は頭良く賢く立ち回ってるのに実はおっちょこちょい。とか、
普段はクールで強がってるのに実はとっても傷付きやすい。とか(^〜^*)


10■ 今好きな人、付き合ってる人、気になる人などそんな方に一言
気になる人へ。「メールください」


次回す人・・・
『徒然なの』の なのさん、
『女を磨くっきゃない☆』の うきさん、にお願いしたいです。

恋愛ものですが、もしよかったら受け取ってやってください☆

ブログ | 23:51 | comments(13) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:51 | - | -
コメント
「メールください」かよっ笑
ロクデナシくんからメールしたの?したら来るよ。
1泊2日デートで変な意味じゃないなんて悲しい!

ロクデナシくん・・・恋心は複雑ですね。
嫌いで好きなのね。(´Д`\)アチャァ

バトン、さらっとやってみます。
次、回せないけど。ごめんね。
ロクデナシくんのとこ、記事の中でリンクしちゃっていいのかしら?
| なの | 2006/01/19 2:41 PM |

>なのさん
複雑です。難しいです。
僕にはまだまだ早いです(´▽`)ぃぇぃぇ。

恋愛のバトンなので、
正直、変な意味でもいいんですけどw、
家でまったりするのも好きなので。
後はその場の雰囲気次第でしょうか(^艸^*)

リンクは問題なしです。嬉しいです。
なのさんのバトン、楽しみにしてますね☆
| ロクデナシ | 2006/01/19 11:33 PM |

どうも、りゅうです。
いままでROMっててコメントしなくてすいません^^;
浮気の境界線って難しいよね(´ヘ`;)
俺の場合、ドSらしいので(診断結果による)きちんと関係を説明できない、俺に言わないで二人でどっかに行くなどしたらそこで疑いをかけてしまいます・・・。そのかわり俺も必ず言います。むしろ女友達に紹介します(笑)
俺のブログのリンク気が向いたら貼ってください(笑)
| りゅう | 2006/01/20 2:38 AM |

ロクデナシくん、やってみたよー
つまんなくてごめんよー
ごめんなんてほんとは思ってないよー
だってしょうがないもんねー
| なの | 2006/01/20 10:39 AM |

バトンありがとー!
うけとりました☆

気になる人へ「メールください」
にばかうけしてしまったよww
| うき | 2006/01/20 3:50 PM |

バトン受け取ってくれてありがとうございました〜☆
「メールをください」
ってすごく女心をくすぐる言葉ですね(笑)

浮気の境界線については同感です。海外とかだったら普通に友達同士とかするし、その感覚だったらいいですけどねぇ。。。

| さぼてん | 2006/01/20 10:50 PM |

>りゅうさん
どうもこんばんわ。
コメントありがとうございます(^-^)
男と出掛けること、変に隠されると気になりますよね。
お互い正直に話せて、変な疑いのかからない関係は理想ですね。
それと、リンク貼らせて頂きました。
僕のブログのリンクも、気が向いたらどうぞよろしくですw


>なのさん
ありがとうです☆
僕より遥かに面白いですからもう(p_q)
って、自分のバトンと比べたのが間違いでした(´▽`)


>うきさん
ありがとうです☆
ツレさんへの愛が感じられる解答ですね。素敵です。
「メールください」そんなにおかしいですかw


>さぼてんさん
あ。褒められ・・・ました(´▽`)??
ありがとうです☆
そう、海外みたいに挨拶としてだったら気にしないんですけど。。
Σそういえば彼女、過去に2回の留学経験があるらしいので
あれは挨拶だったのかもしれません。。うん、きっとそうだ。
(どうにか納得w)
| ロクデナシ | 2006/01/21 12:37 AM |

違うよ・・・。アイサツじゃないよ。相手は外国人だったの?
アイサツで舌入れないし。
と突き落とす。

それとも、気持ちのないキスが出来るような人ってことか?

彼女の価値観だの人生観だのをぶち壊すくらいの強さがないと何も変わらないような気がする。
いい大人になってからそういうの変えるの大変よ。
だからロクデナシくんのほうが引きずられているんだと思う。
ロクデナシくん、押しに弱いからなぁ。
そういうところも好きなんだろうしね。

でも、彼女も変わりたいと思っているのかなぁという気もする。
でも、歳を重ねると修正もきかなくなってくるのも本当なんだよ。
同じ繰り返しをしないように、お互いに相当頑張らないと。
お互いに、だよ。一方の努力でなく。

いいほうに変わるといいね。
| naki | 2006/01/23 7:57 AM |

>nakiさん
お久し振りです、nakiさん(*´Д`)

どこからどう見ても日本人でした・・・orz
彼女はアルコールが入るとオープンになり過ぎるというか
好きなタイプの相手に口説かれるとすぐちゅうしてしまうようです。。
幸い最近はそういうとこ見てませんが。。。

彼女は価値観においても人生観においても
僕が始めて出会ったタイプの人ですが、
彼女は「どうせ価値観違うんだから」とか
「なんなこと知らない」「わからない」と
自分の中にはない物からはすぐに目を反らす癖があって、
なかなかのくせ者なのです。

でも彼女の小学生のころからの友人曰く、
僕と出会ってから彼女は随分変わったそうです。これでも。

これからも良い方向へ変わっていけるように
僕はもっともっともっと強くならなくちゃいけないですね。
彼女が変わる足掛かりを作るためにも。

僕も外で風に打たれてきます。ノシ
| ロクデナシ | 2006/01/24 1:27 AM |

(ノ_・。)nakiさん、またやっちゃったわ。
だって、心配なんだもん。

アルコール入ってオープンって
キス魔なんだろうけど、デリカシーなさ過ぎ。

もっともっともっと強くなんてなれないよ。
自分の持分はもう決まっていると思うの。

ロクデナシくんが下手に打たれ強くなって
(そんな必要ないのに)しまうのもなんだかなぁ・・・。

ああっホントに人の恋愛に口出ししたくないのっ
がんばってって言いたいのに・・・。

めちゃくちゃなまま去るわ。
| naki | 2006/01/24 8:11 AM |

>nakiさん
4番目の質問「デリカシーのない人」って
書こうと思ってたんです、本当は(´ー`)

んーー。難しいですね・・。
結果はどうなるかわからないけど、
今は頑張れるだけ頑張ってみます。
他に解決方法わからないし(´・ω・`)

nakiさんに心配してもらえるのはとっても嬉しいです。
これからも何かあれば、助言お願いしますです(`・ω・´)
| ロクデナシ | 2006/01/25 1:53 AM |

好きな人が自分の前で違う人とちゅうしてたら辛い!!よく絶えましたね?!スゴイですポ(><)b
ってか、ロクデナシさん気になる人いるんですポ??ん?ご主人様のことか?ん〜??
| ハトっ子 | 2006/01/30 12:17 AM |

>ハトっ子さん
他の人たちもいるところだとその場の空気を乱すのがイヤなのと、
酔ってる時に言っても軽く流されちゃうのがわかってるのとで、
辛いけどその時は耐えるのです(>へ<)

気になる人、いるのです。ここだけの秘密なのです(^-^*)
| ロクデナシ | 2006/02/01 1:32 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no6.jugem.jp/trackback/67