スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 雪の日の食事 | トップ | 欲望バトン >>
ぼくはペット
コミックスが原作で、ドラマ化もされた『きみはペット』。
そこからこのブログのタイトルは頂きました。今更な話しですが。

ぼくはペット
 きみはペット (1)

でも僕はずっと『キミはペット』が正しいタイトルだと思っていて、
それにならってボクペも「ボク」をカタカナにしていました。

だけど、ふとしたきっかけで「きみ」はひらがなだということが判明・・・orz
それならボクペも『ぼくはペット』に直さないと! ←なんの義務感(´▽`)?

と思い、それに変えた場合、
他の何かと被ってないか『ぼくはペット』でググってみました。

すると・・・・・

「女子高生に飼いならされたい」

如何わしいDVDがヒット。。。

これは非常によろしくない(;´  Д  `)

やっぱりこのままで。

と思いましたが、
念のため現タイトルの『ボクはペット』でもググってみました。

すると・・・・・

「女の子のためのBoy'sマガジン」

おかしなコミックスがヒット。。。

これもいかがなものだろう??(;´  Д  `)

結局どっちもどっち。

ということで、やっぱりこのままのタイトルにしておこうと思いました。。
取り越し苦労(´・ω・`)
いつか気が向いたらひらがなに変えるかもしれないですが。

皆さんはカタカナでも、ひらがなでも、お好きなほうでどうぞです。

そんな感じで、今後も『ぼくぺ』をよろしくです。


結局、略してるし(´▽`)

ブログ | 00:09 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:09 | - | -
コメント
あら。なんだか調べさせちゃったみたい?
こんばんは。

なのさん、紛らわしいので、nakiさん一本に絞ろうと思います。
色々めんどくさいことにお付き合い頂き、大変感謝しております。
まぁ、どっちでもいいんだけど。(どっちなんだよゴルァ!!ヽ(Д´ )ノ

リンク、
こちらからもよろしくお願いいたします。

この頃ロクデナシくんも落ち着いておられますようで
私ども(いや、複数じゃないから)といたしましても喜ばしく思っております。

夜中なのでテンションがおかしくなっております。
それではごきげんよう。
| naki | 2006/01/28 2:39 AM |

「きみはペット」ファンのさぼてんです(笑)
ロクデナシさんとのつながりもこれですね☆

女の子のためのBoy'sマガジンってどんなんだろ?(・ω・ )モニュ?と思って見てみたら…Σ(´ロ`;)こんな漫画もあるんですね(笑)

これからもボクはペット楽しみにしてます〜☆
| さぼてん | 2006/01/28 11:53 PM |

ひらがななんですか〜☆知らなかったですポ☆
これからも更新楽しみにしてますポ♪♪♪
| ハトっ子 | 2006/01/30 12:24 AM |

最近見にこれなくてごめんなさいm(__)m
LINK貼ってくれたんですね!!アリガト!(´▽`)俺もリンク貼っておきますね(>ω<)ノシッ!!

俺も自分のブログのタイトルをググってみよう♪そして、読んだときに最初「ググって」ていうのを見たときになんだかわからなかったくせに今使ってる(笑)
| りゅう | 2006/01/30 1:46 AM |

■nakiさん
リンク登録させていただきました☆
調べるの好きなので。わからないこととか。
もう「nakiさん」でも大丈夫になったんですか?
・・・・・・・・・・諦め(´・ω・`)??

僕のほうは最近大分落ち着いてますが、
こうなるとなんだか嫌な予感がしてきちゃいます。。
悪い前例もあるし((((;゚Д゚))))

そんなことより、nakiさんが心配・・(´・ω・`)


■さぼてんさん
そうですね☆
さぼてんさんのところで始めてコメントしたのが
ぼくぺの記事でした(^-^)v

女の子のためのBoy'sマガジンのページわかりましたか?
「FIORE」っていうところ。
こんなのがあるんだと僕もびっくりしました。
ん〜、僕のご主人様は男じゃなくてよかったなw(´▽`)


■ハトっ子さん
ボクペブログを始めてもうすぐ4カ月なのに
(途中休んでましたが)気付くの遅すぎました(・、・;)
これからもよろしくです☆


■りゅうさん
リンクよろしくお願いします☆

ネット用語っていうんでしょうか、
「ググる」=「Googleで検索する」の意なのです。
ググって何か面白い発見はありましたか?
りゅうさんのブログ、一番目のページにすぐヒットしますね(^-^)
| ロクデナシ | 2006/02/01 1:50 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://no6.jugem.jp/trackback/70